NPO法人百人一首の郷づくりの会

NPO法人百人一首の郷づくりの会 header image 5

2011年04月

「ありがとう百人一首大賞母の日」の結果が小倉山荘より発表されました。
2515首の歌が集まりました。たくさんのご応募ありがとうございました。

※敬称略、順不同 
No. 作 品 住所 氏名 年齢
大賞 意味不明 「ホレ」「アレ」「ソレ」と 母の指示 通じて動く わが家は愉快 千葉県 松村 知枝 37
優秀賞 家族でね お母さんだけ 女の子 だからボクらが まもってあげる 東京都 小松 陽平 8
優秀賞 白髪(はくはつ)を 染めて二十(にじゅう)は 若返り 笑顔増してる 母の可愛(かわい)さ 茨城県 鈴木 盛雄 56
佳作 ぐっとおす かたこってるね お母さん すわったままの 背中に話す 福岡県 石川 礼奈 10
佳作 思春期に 言ってしまった 「クソババア」 今さらだけど あやまろうかな 大阪府 村上 真一 42
佳作 耳元に 口寄せ伝える 言(こと)の葉に 少し遅れて 母は微笑(ほほえ)む 埼玉県 斎藤 令子 51
佳作 お母さん いつもいっしょに ねてしまう ぐっすりぐっすり ゆめでもあそぼ 石川県 西田 晃 8
佳作 出汁(だし)巻きの 味がどうかと 仏壇の 母に供えて 問ふてみる朝 福岡県 船津 喜久夫 59
9 幼子(おさなご)に 戻りし母の 手をひきて 今日から私が 母さんですよ 北海道 吉野 郁子 67
10 母の日に 贈りし花は 胡蝶蘭 母の名を書く 我(われ)も嬉しや 宮城県 加藤 正江 54
11 笑う母 天然ボケは 遺伝かな 年をとるほど 近づいていく 宮城県 皆川 亜紀子 32
12 「面倒は かけたくない」と 言う母へ よけいな世話を ついしたくなり 秋田県 畠山 治夫 56
13 米寿なる 母と茶を飲み 語らえば 歳相応に 老いる幸せ 山形県 柏屋 若子 59
14 子らの足 からまる炬燵(こたつ) 炭を足す 母が手固し 雪塊(ゆきくれ)に似て 福島県 吉原 瑞雲 76
15 長続き せぬ吾(あ)に母の 言う事は お前育てて 飽きたことなし 茨城県 宮本 四郎 61
16 お陰様 使命を果たし 我(われ)は老い 母の面影 踏む旅路かな 茨城県 安田 英治 61
17 あれこれと 持たせてくれた 亡き母に よく似てきたわと 娘に言われ 栃木県 石川 和美 62
18 我が母よ もう忘れては くれまいか 十年前の あのプロポーズ 群馬県 松井 国彦 23
19 舗道まで 並べ置かれし カーネーション 買う人のあり 明日は母の日 群馬県 吉江 充慶 66
20 母の手は 生きた年輪(ねんりん) しみじみと 浮き上がってる 温かい手だ 埼玉県 木村 貴博 15
21 ありがとう 今なら素直に 言えるけど 遅いんだよと 写真の母は 埼玉県 長山 武久 67
22 適当が いい塩梅(あんばい)を 作り出す 絶品揃う 母の手料理  埼玉県 野口 陽子 46
23 最初はね 照れくさかった 母の手を ギュッと握って 誘うお花見 埼玉県 藤原 正宜 30
24 シンデレラ 白雪姫も もってない やさしい母が 私の自慢 埼玉県 村田 睦美 42
25 吹雪(ふぶ)く道 母に守られ 歩いた日 思い出しつつ 老いた手を引く 千葉県 五十嵐 克顕 63
26 放蕩(ほうとう)の 我(われ)のポッケに 売り上げの 小銭しのばせ 母はとぼけぬ 千葉県 池田 秀昭 63
27 初めての 花というもの 手渡せば 嬉しいねって 猫に言う母 千葉県 叶 昌彦 52
28 頭(こうべ)下げ 医師は去りたる 灯(ともしび)の 温もり残る 母の手をとる 千葉県 葛岡 昭男 67
29 天国の 母さん想い 漬けてます 野沢菜漬けって 奥が深いね 千葉県 佐藤 祐子 64
30 母さんの 生命線を マジックで 伸ばしたからね 長生きしてよ 千葉県 星川 千里 62
31 花が好き けれど庭には 実のなる木 花よりだんごと 母と笑いし 千葉県 八本 公美 41
32 霜焼けの 耳に塗りこむ 桃の花 痛かゆ嬉し 母ひとり占め 東京都 荒木 光弘 54
33 雷雨過ぎ 光輝く 赤朽葉(あかくちば) この温もりに 母は還らむ 東京都 荒澤 秀穂 69
34 誉められる ところはすべて 母譲り 「当たり前よ」と 母照れ笑い 東京都 小松 美紀 40
35 不器用に 田舎の母を ハグしたら 照れと涙で 笑い転げる 東京都 佐藤 忠憲 59
36 「ただいま」と 家(うち)に帰れば 「おかえり」と 答える母の いるあたたかさ 東京都 谷本 彩 16
37 電話でも 言えぬ感謝の ありがとう 指ぎこちなく 絵文字のメール 東京都 本田 しおん 19
38 母の手の 温もり以上の 温もりを 返せぬ我が手を 不幸に思う 東京都 森山 淳一 45
39 志保の山 雲井にまたぐ 観世音 母の面影 しばしとどめよ 神奈川県 近藤 綾子 38
40 いつまでも 母が伝えた ありがとう 人に伝えて 心伝えて 神奈川県 清水 修二 43
41 母の手の 笑顔の先に 手編み物 思い出の中 ぬくもりを着る 神奈川県 冨田 夏子 59
42 母さんの 癖毛が今日も 「ハ」の形 青空の下 元気に跳ねる 神奈川県 水野 真由美 20
43 誰に似たの 首をかしげる 母親に あなたでしょうと 心で笑う 神奈川県 宮野 環 38
44 子を持ちて 母になりしも 夢見るは 幼き頃の 我(われ)と母 福井県 滝波 朋子 40
45 ありがとう ごめんなさいと 語りあう ただただ笑う 写真の母と 山梨県 飯田 千恵美 52
46 おかあさん 何回呼んだ ことだろう この世で一番 まあるい言葉 長野県 青山 昌代 44
47 実家では 私は娘と 大いばり あきれる息子と 母を取り合う 長野県 鈴木 恵子 50
48 もう切るよ それから長い 電話口 ふわり和(なご)みし 母の声 岐阜県 宮田 和子 50
49 もし私 先に往(い)ったら 待ってるよ 孝行貯金 利息増やして 岐阜県 横山 美智子 52
50 母さんに 褒めてほしくて 百点の テスト握って 走ったあの日 愛知県 安保 紀子 43
51 夕飯の 煮物の味見 した時に ふと想い出す 母の横顔 愛知県 泉 知子 36
52 触れた手で 心の傷も 治してく 母の手が持つ 魔法の力 愛知県 長谷川 知子 36
53 洒落者(しゃれもの)の 母がねだりし 靴の数 百足(むかで)じゃないよと 釘さしたあの日 三重県 小林 秀夫 81
54 眠れずに 子どもの帰宅 待つ夜更け あの日の母も 同じ気持ちか 三重県 新実 康子 54
55 何もかも 年追うごとに 瓜ふたつ やはり母の子 鏡に笑う 三重県 堀口 幸子 55
56 うっかりが 増えてきたよと 嘆く母 まるい感じが してきて好きよ 滋賀県 阿部 美智代 46
57 はよ起きれ 私の布団 全部はぐ 冬の寒さも 母の優しさ 滋賀県 石尾 節子 59
58 参観日 めかした母が 嬉しくて 何度も振り向き 怒られし日よ 滋賀県 藤田 毅 43
59 サプライズ 今年は何に しようかな 姉妹二人で 悩む母の日 滋賀県 水野 恵利子 31
60 母の日に ばら寿司作り 実家(うち)帰る 母への感謝 お重に詰めて 京都府 加舎 直子 45
61 還暦の 娘よりも 若い母 ピアスにメール 老いの達人 京都府 中野 尚子 59
62 違う町 暮らしていても 母の子で あると思えば 力みなぎる 京都府 樋本 温子 36
63 不満より 足るを喜ぶ 生き方を あなたに習い 今日の幸せ 京都府 山村 裕子 47
64 不器用な 母が直した ブラウスの ボタンの歪み そのままにする 大阪府 東 美沙 31
65 いつの日か その手をはなれ 歩きたい 誰かの手をとり あなたのように 大阪府 内山 七菜子 20
66 怒るなよ ひとこと多い 性格は 母さん譲り 遺伝子だから 大阪府 北川 康宏 59
67 更年期 孫のお世話で 吹っ飛んだ そんな笑顔に ありがとう 大阪府 クズ迫 美江 36
68 いつまでも 元気でいてね 変わりなく 素直にいえる この時だけは 大阪府 小竹 秀樹 40
69 胸さぐり 乳のむ写真 みるたびに 笑いほうけて 涙わき来る 大阪府 阪井 一夫 74
70 ありがとう ありがたいけど 母の日の お礼のチューは 勘弁してよ 大阪府 左古 善嗣 35
71 心配を される側から する方へ ただ願うのは 元気と笑顔 大阪府 飾萬 理津子 39
72 店入る 買物づかれ どっこらしょ かあちゃんもウドン 私もウドン 大阪府 下城 さち 39
73 母の日の 計画たてて いないけど いつも持ってる 感謝の気持ち 大阪府 白田 直登 15
74 亡母(はは)の着た 割烹着にある ポケットに 悲(ひ)も喜(き)も詰めて 越えた半生 大阪府 高橋 好子 46
75 腹に胸 痛めし日々を 悔い偲(しの)び 償わんとて 細い肩揉む 大阪府 竹ノ下 晋一 43
76 百越えて 母の日迎え 老いた娘(こ)と ありがとうを 言いつ言われつ 大阪府 武村 トヨ 67
77 手作りの 野菜いっぱい 届く度(たび) ああ元気だと あなたを想う 大阪府 月森 泉 56
78 学校に 毎日持って 行く弁当 寒い冬でも あたたかい味 大阪府 トチ野 耕一 14
79 母さんを うざいだなんて 思ってない だけど口から 出る反抗期 大阪府 中尾 太一 15
80 誰よりも 私を思う お母さん 簡単だけど いつもありがとう 大阪府 中釜 さやか 14
81 教えたろか 教えていらん 母の味 ずっと作って 100まで生きて 大阪府 浜口 須美子 55
82 何がいい? 聞くに聞けない 母の日に そっと二名の 女子会予約 大阪府 前川 そのえ 42
83 しわしわだ 自分の手見て 嘆く母 変わらないよと その手を包む 兵庫県 小川 恵子 30
84 ママになり 言われてみたい 「ありがとう」 母の苦労に 思いはせつつ 兵庫県 篠永 晃子 39
85 筆太(ふでぶと)に 「母」の一文字(いちもじ) 書いてみる にじめる点は 感謝のな・み・だ 兵庫県 土谷 照子 85
86 お迎えは 覚悟してると 言う割に 長生き手相 自慢する母 奈良県 奥平 由美子 55
87 孫の名を 呼んだつもりの 母だけど 返事は私 確かめる絆 奈良県 久留島 尚武 36
88 同じ物 欲しがる母は 派手好み 服を交換 できる幸せ 奈良県 澤井 ルナ 42
89 母さんの いつもの味の 卵焼き ゆっくりと食(は)む 嫁ぐ日の朝 岡山県 信安 淳子 51
90 母の巻く ネジでわが家は 動き出す 母はわが家の 進軍ラッパ 山口県 竹重 満夫 77
91 顔見せる だけでいいよと 母の声 かすかに聞こゆ 桜花(おうか)ちる寺 福岡県 今橋 和徳 72
92 苦労した 母の話を 聞きながら 思い返せば 不幸の数々 福岡県 二宮 正博 62
93 頑張ろう もうすぐ母も 四十才 こんどはぼくが 支えてあげる 福岡県 稗田 照太郎 8
94 八十路(やそじ)過ぎ 孫 曾孫(ひまご)らに かこまれし 身なれど母の ぬくもり恋し 福岡県 山田 俊子 85
95 よかよかと 何があっても 母笑顔 そのよかよかに 慰められて 長崎県 酒井 伸子 73
96 紛らわしく なるからおよしと 言った母 背(そむ)いて娘に 付けた母の名 大分県 石井 かおり 49
97 我(われ)の顔 見れば全てを 当てる母 どんな易者も 適わぬ存在 大分県 岸本 恵美 35
98 今になり 母と呼ばれて 分かること あなたの言葉 厳しさのわけ 鹿児島県 藪木 理恵 35
99 年齢(とし)かさね 小さくなりし 我が母が 愛しくもあり 寂しくもある 沖縄県 菊池 和徳 48
100 食べきらぬ ゆず 菓子 野菜 母おくる 小包爆弾 愛の炸裂 沖縄県 金城 文恵 38

「ありがとう百人一首大賞母の日2011」の募集は終了しました。
たくさんのご応募誠にありがとうございました。